ブログトップ

Birne

biruneko.exblog.jp

小林慎二さんの漆のうつわ


 うるしのうつわってどんなイメージをお持ちですか?
 
 きれいだから使ってみたいけど、
 高価だし、
 お正月とか特別な時にしか使わないかも。
 扱いもむずかしそう・・。

 私はそう思っていました。
 でもある日山中塗りの漆のお椀でみそ汁を飲んだとき
 あまりの美味しさ、使い心地の良さに驚きました。

 それからうるしの器へのあこがれはつのり、
 うるしのうつわ探しの旅が始まったのです!

 って少し大げさですが、
 素晴らしい工房や作家さんはたくさんありますが
 今の普段のくらしにぴったりの
 使い勝手の良い美しいデザインや仕上がりで、
 手に取れる価格も大切となると
 なかなかぴったりの作家さんは・・・

 いました!
 今回初めてビルネでうるしのうつわを紹介させていただく
 小林慎二さんです!


 
a0143083_12325247.jpg



 小林さんは、輪島で赤木明登さんのもとで働かれたあと
 独立、茨城県鹿嶋市に工房をもたれました。

 工房をお訪ねすることができました。


 工房とご自宅のまわりは豊かな林に囲まれた
 広い広いお庭です。


 
a0143083_1313345.jpg



a0143083_13144815.jpg



 北に面して作られた工房は自然光の明るさで、
 漆にとって良い環境だそうです。


 
a0143083_13201251.jpg



 木地から沢山の工程と
 丁寧な手仕事を経て
 美しいうるしのうつわが出来上がります。


 
a0143083_1324370.jpg



 小林さんご一家の暮らしぶりも暖かく丁寧で
 信頼できる作品にそれが表れていると思いました。


 
a0143083_13301940.jpg



 詳しいアイテムはまたご紹介しますね。
 ビルネセレクトにいらして、
 ぜひ一度お手にとってみてください!






 
[PR]
by biruneko | 2013-06-19 13:38 | ギャラリー
<< 養源寺手創り市 梅仕事 >>